★領収書1枚で経理センスが身につく本

*領収書のすべてがわかる本

領収書(証)の書き方にはルールが


★領収書に強くなる!★


領収書は、ビジネスでの売買取引、賃貸取引などで、金銭の受取人が受け取ったことを証明するために発行する資料で、経理には不可欠です。

領収書(証)の多くは、現在、手書き、POSレジ端末、パソコンでプリントアウトされたものなどが発行されています。領収書は、決められたフォーマット、パターンがあり、これらは、いずれもその様式に基づいて発行されています。領収書を発行するためのサンプルもインターネットから、簡単にエクセルフォームなどをダウンロードできます。

日常生活でも、スーパー、百貨店、専門店などで買物をした時、レストランで食事をした際に、タクシー、高速道路などでもレシートを渡されますが、これも領収書で、様式(書き方)は統一されています。家賃の支払いに際しても、領収証が発行されますね。

◆領収書1枚で経理センスが身につく本


改ざんを防ぐ

領収書)の数字が簡単に書き換えられないよう、作成の際は、改ざん防止を留意する必要があります。

領収書(証)に金額を書き入れる場合は、

1.必ず3桁ごとにカンマ(,)を入れる。
2.数字の頭に¥マークを付ける。(¥マークと数字との間はつめて書く)
3.数字の一番最後にハイフン(−)を入れる。

などに配慮します。

それ以外の、数字改ざんの対策としては、

・チェックライター(機械)で、作成する。
・金額を漢数字で書く。(例、壱万弐千参百円)

などの方法もあります。

◆領収書1枚で経理センスが身につく本


領収書(証)と収入印紙の金額

収入印紙についても、注意が必要です。

領収書作成発行する場合、金額に応じて、税法上、印紙代として、収入印紙を貼らなくてなりません。

貼付する収入印紙の金額は、

3万円未満               不要
100万円以下            200円
100万円を超え200万円以下    400円
200万円を超え300万円以下    600円
300万円を超え500万円以下    1千円
500万円を超え1千万円以下     2千円  など

金額に応じた収入印紙を貼った後、その収入印紙が再使用できないよう、割り印
消印を押すことも忘れずに。

◆領収書1枚で経理センスが身につく本

領収書(証)と収入印紙

領収書の発行金額が3万円以上になると、領収書(証)の金額に応じ、収入印紙を貼らなければなりません。領収書に収入印紙を貼ることが、納税上の義務であるからです。(貼っていなくても、ビジネス文書・商取引上の文書として、認められます。)

ただし、例外として、領収書(証)に収入印紙を貼らなくても良い職業があります。弁護士、弁理士、司法書士、行政書士、医師などは、領収書(証)を「営業」に関しない職業とされ、貼る必要がありません。

領収書(証)の貼り方にもフォームがあります。本来貼るべき収入印紙が貼られていないと、印紙税法違反となり、本来貼るべき印紙税代の3倍の過怠金を支払うことになります。また、領収書に貼るべき収入印紙を貼っていないと、相手に対する信頼も損なわれる結果にもなります。

また、領収書(証)、契約書に収入印紙を貼った後は、領収書(証)と収入印紙にまたがって消印(割り印、又は署名)をし、収入印紙が再び使えないようにします。消印をしないと、やはり過怠金が科せられます。

◆領収書1枚で経理センスが身につく本


コクヨ/複写領収書ノーカーボン 5冊/ウケ-690N

コクヨ/複写領収書ノーカーボン 5冊/ウケ-690N

領収書と印鑑

領収書)を発行する時は、押印(印鑑を押すこと)をします。

ビジネス文書によって、押印のやり方が違ってきます。
領収書(証)では、社判(株式会社など)と代表者印、または社判と経理担当者印を押印するのがポイントです。

なお、領収書(証)で訂正があったところは、訂正箇所を2重線で消し、必ず訂正印を押すのが、必要なノウハウですよ。

領収書のETC利用での発行は

領収書(領収証)は、電車、バスなどの公共交通機関を利用し、お金を支払いした場合は不要ですが、タクシーなどの利用では必要です。また高速道路を利用した場合も、同様に領収書を受け取る必要があります。

近年利用が高まっている、高速道路でのETC利用ですが、申請すれば、領収書がもられます。ETCでは、自動車は、ノンストップで料金所を通過するため、通常領収書)は発行してもらえません。

ETC利用で、領収証が必要な場合は、ETC専用レーンではなく、一般レーンに入り、料金所係員にETCカードを渡せば、領収証として、利用証明を発行してくれます。
少し面倒な感じがしますが、このやり方がポイントですので、領収書をもらってください。

領収書ソフト 発行、印刷、保存など


★人気の業務会計ソフトは?★


領収書)を発行する場合は、パソコンソフトを使うと便利です。
白紙の紙に印刷できるフリーソフトもありますが、控えを保存したり、売上伝票・領収証控・領収証を一枚に印刷できる便利なソフトもあります。用紙もコクヨなど市販のものが使えます。

例えば、

領収書作成、印刷ソフト


但し、領収書(証)の発行があまり多くない場合は、エクセルテンプレートを作成したり、「窓の杜」などフリーソフト集サイトから無料でダウンロードして使えます。

以前は手書きの領収書もありましたが、最近はほとんど見かけません。ぜひ、パソコンで領収書を作成、発行してくださいね。

領収証を作成したら

領収書領収証)は収入又は支出の証拠となる会社の重要書類です。

領収書領収証)を発行する際には、次のことに気をつけましょう。

1.領収書(領収証)は複写、控えのあるものを使用する。
2.領収書(領収証)の用紙は、責任者が管理し、乱用を防ぐ。
3.偽造、散逸を防ぐ為、領収書(領収証)には連番をつける。
4.領収書(領収証)発行の際は、渡先摘要金額連番などに記入漏れ、間違いがないか確認する。

なお、領収書(領収証)の保存期間は7年間です。その間、保存、管理を怠りなく。

領収証は会計処理、確定申告で必要

会社で会計処理する場合、基本的には領収書(証)やレシートが必要です。
個人・個人事業でも確定申告をする際、金額の支払いを証明できる領収書等が必要で、決められた様式、書式(書き方)のものでなくてはなりません。

病院歯科でもらう医療費を証明する領収書(証)、レシートも大切に保管しておいてください。確定申告で、医療費控除の対象になります。

クレジットカードを使用した場合は、領収書が発行されない場合も多く、支払いの控えが領収書となります。


鉄道やバスの運賃などは、領収証を発行していませんが、領収証明なしでも費用計上、会計処理出来ます。
ただ、交通費でも、タクシー高速料金ETCなどを利用した場合は、領収書がもらえます。

領収書(領収証)は基本的には、再発行してもらえませんので、紛失しないようしっかりと、領収書・レシートは整理、管理、保管ください。また、そうして集めた領収証は、一番良い領収の見本でもあります。

領収書(証)の発行と収入印紙

領収書領収証)の発行(書き方)は、お客様、取引先などから、入金、振込みがあった時点で、領収書領収証)を発行するのが一般的です。

お互いが顔を合わせ、金銭の授受を行なう時は、その場で領収書(証)を発行します。

市販されている一般的な領収用紙のタイプは、左側に控えを記入するタイプと、2枚複写になっている書式のものとがあります。
使いやすい領収用紙のタイプを選ぶと良いでしょう。

領収書(証)を発行する時に、領収金額に応じ、収入印紙を貼付する必要があります。領収書(証)を発行する時には、収入印紙を忘れずに用意しましょう!

領収書(証)を書き損じたら

領収書領収証)を発行する際、書き損じることがたまにあります。

領収書、領収証を書き損じても、取り消しの手続きをして、大切に保存してください。不要な領収証を破棄すると、証拠資料としての信憑性が弱くなるので、注意が必要です。

確定申告と領収書

個人事業者、給与所得者などで確定申告をする人は、普段から百貨店、専門店などで物を購入した場合、タクシー、高速道路などを利用した場合、などは、支払いの証明として、領収書(領収証)や<物品受領書、クレジットカードなどの控えををこまめに集めておきましょう。また、購入した商品名、数量を領収証にメモ書きしておくてください。

給与所得者の場合、医療費控除を受ける機会も多いと思います。
給与の源泉徴収票については、申告書の裏面に原本を貼る必要がありますが、医療費その他の領収証については、裏面に貼り付けるか、税務署に申告する時にそれらの領収証を提示することで認めてもらえます。

医療費の領収等が後日必要ならば、領収等を添付せず、提示するだけも済みます。郵送で提出する時には、医療費の領収書等の返戻を希望する旨の書面及び返信用封筒を同封すれば、領収証は、返還されます。

個人事業の場合は、確定申告は、パソコンソフトを利用すると、会計のノウハウがなくても簡単に処理できます。

領収書(証)の書き方、発行方法、テンプレート

領収書領収証)を作成発行する場合、宛名領収金額、主な内容(但し)、日付及び発行者名と連絡先を記載します。

領収用紙は、コクヨなどの商品が市販されています。気に入った、使いやすいものを購入できますし、発行頻度が少ない場合は、テンプレート様式をインターネットから、無料ダウンロードしたり、ご自身でエクセルワードなどを使って作成しても構いません。英文の領収証の様式も、英語のサイトからフリーでダウンロードできます。
大量の領収証を発行する場合には、専用の発行機が使われます。

・領収書(証)は基本的には、再発行しません。
・金額などを訂正する場合は、発行者の訂正印が必要です。
・領収金額の応じて、収入印紙を貼ることもお忘れなく。
   *3万円未満は非課税、3〜100万円は200円  

≪領収証の書き方の見本・サンプル≫

No.
           領収証 
丸太一郎 様


金額    45,600円       

     但し、
     200* 年 * 月 ** 日 上記正に領収いたしました

内 訳
消費税額 ( * %)


〒 *** - ****
(ここには住所を入力します)
(ここには氏名を入力します)        
TEL **** - *** - ****

領収書(証)及び領収関連商品

領収証は市販のものを購入して使うと便利です。

領収に必要な印鑑類なども揃えておきたいですね!

1万円以上を領収する場合、収入印紙もお忘れなく。
 ↓ ↓ ↓

★楽天人気商品から探す!★

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。