★領収書1枚で経理センスが身につく本

*領収書のすべてがわかる本

領収書と印鑑

領収書)を発行する時は、押印(印鑑を押すこと)をします。

ビジネス文書によって、押印のやり方が違ってきます。
領収書(証)では、社判(株式会社など)と代表者印、または社判と経理担当者印を押印するのがポイントです。

なお、領収書(証)で訂正があったところは、訂正箇所を2重線で消し、必ず訂正印を押すのが、必要なノウハウですよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。