★領収書1枚で経理センスが身につく本

*領収書のすべてがわかる本

領収書(証)を書き損じたら

領収書領収証)を発行する際、書き損じることがたまにあります。

領収書、領収証を書き損じても、取り消しの手続きをして、大切に保存してください。不要な領収証を破棄すると、証拠資料としての信憑性が弱くなるので、注意が必要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。