★領収書1枚で経理センスが身につく本

*領収書のすべてがわかる本

領収証は会計処理、確定申告で必要

会社で会計処理する場合、基本的には領収書(証)やレシートが必要です。
個人・個人事業でも確定申告をする際、金額の支払いを証明できる領収書等が必要で、決められた様式、書式(書き方)のものでなくてはなりません。

病院歯科でもらう医療費を証明する領収書(証)、レシートも大切に保管しておいてください。確定申告で、医療費控除の対象になります。

クレジットカードを使用した場合は、領収書が発行されない場合も多く、支払いの控えが領収書となります。


鉄道やバスの運賃などは、領収証を発行していませんが、領収証明なしでも費用計上、会計処理出来ます。
ただ、交通費でも、タクシー高速料金ETCなどを利用した場合は、領収書がもらえます。

領収書(領収証)は基本的には、再発行してもらえませんので、紛失しないようしっかりと、領収書・レシートは整理、管理、保管ください。また、そうして集めた領収証は、一番良い領収の見本でもあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。