★領収書1枚で経理センスが身につく本

*領収書のすべてがわかる本

確定申告と領収書

個人事業者、給与所得者などで確定申告をする人は、普段から百貨店、専門店などで物を購入した場合、タクシー、高速道路などを利用した場合、などは、支払いの証明として、領収書(領収証)や<物品受領書、クレジットカードなどの控えををこまめに集めておきましょう。また、購入した商品名、数量を領収証にメモ書きしておくてください。

給与所得者の場合、医療費控除を受ける機会も多いと思います。
給与の源泉徴収票については、申告書の裏面に原本を貼る必要がありますが、医療費その他の領収証については、裏面に貼り付けるか、税務署に申告する時にそれらの領収証を提示することで認めてもらえます。

医療費の領収等が後日必要ならば、領収等を添付せず、提示するだけも済みます。郵送で提出する時には、医療費の領収書等の返戻を希望する旨の書面及び返信用封筒を同封すれば、領収証は、返還されます。

個人事業の場合は、確定申告は、パソコンソフトを利用すると、会計のノウハウがなくても簡単に処理できます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。