★領収書1枚で経理センスが身につく本

*領収書のすべてがわかる本

領収書(証)の発行と収入印紙

領収書領収証)の発行(書き方)は、お客様、取引先などから、入金、振込みがあった時点で、領収書領収証)を発行するのが一般的です。

お互いが顔を合わせ、金銭の授受を行なう時は、その場で領収書(証)を発行します。

市販されている一般的な領収用紙のタイプは、左側に控えを記入するタイプと、2枚複写になっている書式のものとがあります。
使いやすい領収用紙のタイプを選ぶと良いでしょう。

領収書(証)を発行する時に、領収金額に応じ、収入印紙を貼付する必要があります。領収書(証)を発行する時には、収入印紙を忘れずに用意しましょう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。